ボンダイ(ボンK日報)

あれやこれや

【緊急】日本のポップ文化の再生を考えよう

最低ですかー?

最低ですかー?

そう、最低だ。

我々が生きているこの社会の状況は今、最低最悪だ。そのことを誰もが理解している。

だからこそ、どいつもこいつも運動を訴える。

だがそれらは皆必ず失敗する。状況はもはや小手先の活動でどうにかなるような、そんな甘っちょろい段階にはないからだ。

今必要なのは、もっと凄まじい、「革命」、或いは、「衝撃」である。

現在は文化氷河期に似ているとも言われる。文化運動を掲げるクリエイターや芸能人の中には、往年の文化の代表を気取る者も少なくない。だが彼らは、一番肝心なことを忘れている。

ポップ文化は大衆文化に直結したのではない!

そもそも大衆文化は、ポップ文化のアンチテーゼである。多数派ありきが前提のポップカルチャーにおいて、可能な効果は精々、「ちょっとだけ赤色」か「ちょっとだけ紫色」といった、生温いものでしかない。今必要なのは、「ものすごーく赤色」か「ものすごーく紫色」といった、とにかく根本的な革命であるというのに、大衆文化の枠内ではそれが出来ないのだ。

赤であれ紫であれ真のポップ文化を志向する者は、大衆文化のシステムに依存しない変革の道筋を見出ださなければならない。

諸君の中には、未だに私をヲタクだと誤解している者も多いようだ。改めて言っておくが、私は現在リベラルであり、明確にリア充の立場である。

その上でまず、オタクの諸君に問いたい。

私は、日本社会の貧困化の進行に対する懸念を諸君と共有するものである。だが諸君はそれを一体どうやって阻止しようというのか。社会の貧困化の進行を嬉々として推進しているのはむしろ大衆自身である。それは大衆が道徳に煽り立てられた結果に過ぎないと諸君は言うかもしれない。しかし、煽られたものであろうとなんであろうと現実は現実である。諸君はもはや大衆文化の一部たるオタク文化を否定しない限り貧困社会化を阻止しえないし、否定すれば諸君はもうオタクではない。

このジレンマを、諸君はどう脱却するつもりか。

貧困社会化の阻止という課題を私はむしろ非オタク系の諸君に定義したい。サブカルチャー共同体がしっかりしていればオタクを大衆文化にまで持ち上げるなどいらなかったはずだ。それがやむを得なくなったのはサブカルチャー共同体が壊れてしまったからだ。オタクを大衆化させるなどという対症療法より、共同体を再建するという本質的な解決が志向されなければならない。

同化を強要する社会より、アイデンティティを尊重する社会の方がよっぽどマシだ。

貧困社会化の進行もむしろサブカルチャーの諸君にとってこそゆゆしき問題ではないのか。貧困社会の拡大は、サブカルチャーの人権を破壊するからだ。

オタクの諸君はよく理解しているように、現在ほとんど全ての問題の元凶はいわゆるファシズムである。右翼主義の全面展開こそが全ての元凶である。

オタクの諸君にはよく思い出して欲しい。不良を名乗った20世紀のサブカルチャーは、ハイカルチャーのみならず大衆文化をも批判の対象にしていた。そして重要なのは、ラテン主義の失敗が明らかな今オタクはファシズムをただ批判することしか出来ないのに対して、我々にはサブカルチャーという代案があることだ。

通勤ラッシュ時の道路を高校生や大学生の通学オートバイが走る均質な風景と、それらに依存する画一的な生活スタイルが国中を覆い尽し、日本固有の伝統的な文化は破壊されていく一方だ。こうした時代の横暴に対抗しうるのは弱者をおいて他にない。にも関わらず、現在の我が国の弱者は「時代の横暴を規制する」という役割を放棄し、左派だろうが右派だろうが要はファシズムの手先に過ぎない!

そのような現実は打倒しなければならない。

そして、ファシズムからの離脱を志向する真のリベラルは、弱者を掌握しなければならない。

その方法として、大衆に期待してはならない。我々は大衆に依らない革命的な文化運動、「カウンターカルチャー」を志向しなければならない。

そのヒントは、2010年代の秋葉原系にある。国民の大多数が共鳴した2000年代電車男ブームとは異なり、オタクのわずか4割にも満たない部分が決起したに過ぎないサブカル運動は、良識を否定し、アウトロー的な直接行動に訴えて、少数派であったにも関わらず社会をあれほどの大混乱に陥れた。

彼らの限界は、彼らがオタクの枠内に留まったところにある。

文化闘争であれ武力闘争であれ、表社会をはみだした反社会運動には、権力の圧倒的な壁が立ちはだかる。オタクがそれを突破しようと思えば自前の活動勢力を組織するよりないが、それは不可能に近い。末期のオタクはそれを試み、言うまでもなくその全てが無惨に敗北した。

しかしサブカルチャー系の反社会運動は、権威の暴力に対抗するのに必ずしも自前の活動勢力を組織する必要がない。サブカルチャーの革命運動が一定以上に高揚すれば、必ず敵側が、これに呼応する動きが出てくるからだ。

立て文化人よ。大衆文化を否定し、少数派による直接行動を志向するサブカルチャー版「秋葉原系運動」の形成こそが、勝利への突破口である。

文化人の諸君、ポップ文化の復権は、可能だ。

私の趣味人生を振り返るGW

1986年6月 鉄道趣味に入る

1995年5月 バイクや車に興味を持つ

2003年8月 バイクの免許を取る

2004年4月 ブログやホームページをはじめる

2007年4月 宝くじ、toto開始

2012年12月 執筆業になる

ブラック企業が「今」バッシングされている理由

民主主義などのモンスターが進んだという説、アレって嘘だよね?
正確には「オリンピックを目前に、日本社会の悪いところの落とし前をつけたい」だよね?
自分の虚栄心が大切だから、その幻想を現実で壊されたくないだけだよね。

経営も、まともな企業ならきちんと捻出するんだよ。
なぜなら、それこそ経営が10、20年単位だから。
自分勝手で楽しい時期なんて、景気の悪い時期くらいだよ。そして不況下でキリギリスだったお前らに、好景気への移行期の寒さが突き刺さる事になる。

倫理はイヤ、遵法はイヤ、搾取万歳、このような運営は好景気には通用しないんだ。


成り立たなくなって大変とか言うバカは、自分がこれまでに使った無駄を数えてみろよ。鬱で云々とかいうカスは死んどけ。
持続性のない、実体性のない、モチベーションが気にできない、まるで家の部屋が散らかっているようであらゆる行動の効率が悪い、向上心を意識していない、叩かれている・叩いているところはこんなのばかりだ。


夢がない、死ぬしかないって言ってもね、日本のブラック社会を追求するチャンスは過去にもあったし、もう少し間に合えばモチベーションをあげて黙殺することすら出来た。
要するに叩いている人はともかく叩かれている側も結婚しない、子供作らない人の人間の下位50%以下の負け組同然って事だよ。
持続性がないならそれは仕方ない事だけどね。
負け組が口をきけるのが現代の良い所(なにせ、10年前では誰も話を聞いてくれない)だけどね、負け組って自覚は持とうよ。


40代以上の人間ですらこの調子に乗った事言ってるんだよ。
負け組でもいい、向上心なんていらない、死んだら死んだ時、金がなくなっても生きていけるって。
これが20代、30代でも言うようになり、ひいては全労働者が同じことを言ったら、どうだろう。

自由を謳歌したIT企業は、今更時代遅れと言って会社を畳んだ。当然だが現存しない。
ブラックばれてきついお灸食らった広告屋は、いきなり倫理に気をつけて社風が変わった。いろいろとヒィヒィ言ってる。
私の母校の近くの学園は周囲が散々止めても聞かず、資金を使い果たして廃校。跡地は唯の公園になった。
とあるエロゲーメーカーはあれがばれて、最近ゲーム生産活動が止まった。その後どうなったのか知らん。

こんな例は身の回りにいくらでも有る。
不況時代をキリギリスとして生きたところには、必ず報いが来るんだよ。
まぁ負け組はキリギリスというほど今も楽しめていないのだから、これは関係無いな。

負け組のみなさん、君らが嫌われるのは勝手だけど、栄光があったのだから変えないという虚勢を張るのはやめて下さい。
君たちは空気を読む能力が無く、向上心を与えて責任を持つ気概も無く、厳しい時代の中で生きていく知恵や人脈を作ってやる事も出来ない無能です。
私達は無能で責任を持つ気概も無いので神様に泣きつきますと、正直に告白して下さい。
そして2020年に後悔して下さい。これは間違いなく後悔しますから。
日本はこんなはずじゃなかったと、日本の片隅で、毎日後悔して何年かお過ごしください。

親日家よ、これが日本の都会人の姿だ!

2005年に日本における反鉄道感情が爆発してからというもの、まだ「ただの少ない不満」の段階ですら、ネット空間などでは以下のような異常が爆発している。
ギ○ングとキ○ガイを混ぜたよりもおぞましく醜いインキュベーダー野郎どもの発言の数々を見て欲しい。今回は不愉快・匿名を承知で掲載する。

--------------------------------------------
日本の鉄道好きを調査したら、何処かしらヤンキーとかと友好関係にあって、世界中の大人が仰天したんだよね
「これは正常じゃない。途上国でもありえないし、日本は狂ってる」って冗談じゃなく本当に落ちこぼれの入り口なんだね

鉄道好きか…
撲滅させてやる!1人残らず!とな

鉄道好き=ヤンキ.ー(不良)
鉄道好き=ヤンキ.ー(不良)

鉄道好きはやめていいよ
都会中のだれもが望んでるよ

鉄道好きは都会社会の中に存在してはいけないな

鉄道好きって1980年代のバイク乗り社会(珍走DQN)の時もだけど、本当に彼らってツッパリ好きとか似ている分子なんだな

鉄道好きは田舎に行け!!

仕事好きとしては有能だったかもしれんがツッパリの血には抗えなかったようだな

暴走・やさぐれ・右傾化・反知性など迷惑を司るツッパリの細胞が覚醒してしまったのだろう

一般市民を馬鹿にする似非良識人の鉄道好きを糾弾する!!!!!!

鉄道好きは全てワルのはじまりということが証明されたなwww

田舎者は鉄道好きを引き取れ!!!!帰ってくるなよ!!!!

現代なのにDQNの狼籍多すぎだわ。まじ非難望む!

血筋には逆らえない?
-------------------------------------------

本当に書き写している私まで不快感がしてきた。
日本のヤンキーは概ね無毒化されたが誰も失敗に学んでいない。だからネオヤンキーの防止など現在では無力だ。だがこいつらの発言は欧州や東アジアならば彼らに報復されるほどの危険発言であることを述べておく。

日本でアニメを用いたサブカルがやたら増える理由はオタクへの寛容性のなさに原因あり

日本のサブカルが「アニメすぎる」という問題。単純に文化的寛容性がないんだと思う。外国のサブカルと比較してみれば気づく。バラエティに富んでいる。日本のは明らかに陳腐すぎる。

鉄道も日本だと何かにつけてデザイン性を出したがる、ラッピングか、ぼったくるか、オタクに迎合するか、まあ手法がワンパターンだが、外国だと普通に中身の改造を伴ったものが主流っぽいし。

以前ドライブやツーリングに付き添ったときには大都会の寂しさと、目的地に着いた時の爽快感のギャップがすごかった。先進国レベルに近い高度な文化性があるんだよね。

あと不思議なのが日本の芸能に多いのが貧乏人が出てくるやつ。たとえばドラマ。確かに非富裕層が多数でも、日本は世界有数の経済都市だから、むしろ富裕層が出た方がイメージしやすいのではないか?

それに比べ外国のドラマはどうか。例えば中国や韓国のそれは、富裕層と非富裕層との葛藤が描かれている。これがわが国の日常風景ですよということを、堂々と宣伝している。

どうも日本のドラマは、こういう側面のものが弱いと思う。日常を差し込む場合は明らかに単調な映像だし、そうじゃなかったら出てくるモデルは貧乏人。そしてサブカル≠アニメだけなのに、アニメのイメージで釣るという手法の横行はあまりよくないと思う。

 

それからJK☆Bや昔のバイク漫画の炎上した奴で思ったのだが、暴走族が滅んだ今なおもバイクに対するイメージの悪さがあると思う。マイナスイメージも克服できていないのに、3ない廃止とかあったけど、道路社会に適応しようと思った人間がどれくらいいると思う?

これも道路がらみの話で、最近都市部で公共交通の利用回数を調整する運動が広まっているけど、こういうその場しのぎのことしか対策が出来ないのだろうか?

 

ネタ消費×アニメオタク=オタク文化の表に出てくる部分みたいな図式ができあがっているとしたら、そんな陳腐なものを過信する連中が多いからオタクがどんどん突っ張ったり成り上がったりするのだろうという「自己責任」論を私は唱えたくなるものだ。

私は何も「サブカル=しょせんアホなんだからカッコつけんな」という発想の持ち主ではない。むしろ逆で、サブカルはミーハーで馬鹿でナンボみたいな前提のもとでネタ消費とベタに走ってる風潮がよくないと言っているわけ。みんな「ポストヤンキー」精神なんだよなあ。珍走団すらとっくの昔にいないのでもはやヤンキー精神自体ダサいのに。

最近復権しつつある据置機・携帯機ゲームやPCゲームは、クリエイティブな表現に富んでいる。とても凝った作りになっていて、いい。

一方、ソシャゲをめぐっては、のっけからギャンブル紛いのゲームが出てくることにPC主義者から批判が殺到して炎上した。そしてこれ、ギャンブルを抜きにすると、陳腐化したサブカルのあれこれを掛け合わせ、映像などを楽しむだけというヤンキー文化要素しかないという代物だった。

ヤンキー文化の乱用に対しては、アダルト表現っぽいとかギャンブルを連想するなどの政治的公平性の観点から批判もあるが、そもそもそれを抜きにしても、やっぱり陳腐すぎだ。この手のオタク文化クリエイターはネタに切れると「手間のかかりやすさ」や「難しさ」に頼るいうが、最近はあまりにもアニメ頼みになりすぎだろう。

私の年譜

1985年2月 青森県弘前市に生まれる。

1986年12月 大阪府高槻市に移住、当時の家族の貧しさのためか幼稚園・保育園経験なし。

1995年3月 両親の職業の都合で神奈川県北東部のY市に移住、以後主に東京で育つ。

    4月 初めて自転車に乗る。

1997年4月 公立中学校に入学。弱肉強食と云われても仕方がない生徒の雰囲気に無意識のうちに影響されるが、それが顕在化するのは社会人時代で、学生時代はまったくの草食系。「不良」への反発から、古本を使った勉強と物理の独学に没頭。
2000年4月 県立高校に入学。有名校とあるだけに異様に規則が厳しかった。(偏差値は高くも低くもなく)入学後わずか2ヶ月にして雰囲気が一転。友人とラノベ狩りの日々が始まる。
2001年8月 コミケに初参加。「お宅だけの空間」とされていたが、次第にその虚構性に気づき、苦悩の日々。いじめを受けたのもこの頃で、あまりにも目立つからか下校中や休日の外出中に地元の珍走団連中(困難校が近くにあったためなのか?)にいじめられたので、仕返しに陰湿ないじめを行った。

2003年4月 大学の情報科学学科に入学。リベラルなところだったが、やっぱり高校時代とは違う意味での闘争の日々。この時点ですでにあらゆる左派的な価値観と相容れない感性を身につけていたのだろう。

2004年4月 「オタクサークル」結成。階層の枠を超えたサークル。人数10余名。主に出版やメールマガジン配信による収入を資金源としていた。

   8月 初めてヒッチハイクをする。

2005年8月 初めてオートバイに乗る(後部座席のほう)。

2006年3月 初めて外国に行く。
2007年4月 「大学卒業」を理由にサークル解散
    5月 あまり目立つ活動をしなくなる。
    6月 ネット右翼を結成。電子掲示板やSNSなどで、仲間を募る活動開始。
    10月 東京で開催されたネット右翼の講演会に参加。左派勢力と闘うネットユーザーたちによって、2000年代から定期的に続けられていた運動。初めて同世代の「同志」たちに出会う。
   12月 仲間を求めて初めてネットサーフィン。

2008年

1月 ブログでアフィリエイトサイトデビュー。
2月 ブログに私サイトの「掲示板」開設。利用者も、掲示板を機に一挙に増大。
 この頃、入門書を1冊読んでネット右翼となる。

4月 某ネット右派グループに一般会員として入学。活動停滞を打破するための「活動」。内部で盛んに「活動」し、レポートを機関誌に偽名で寄稿、事情を知らない人間を鼓舞する。当初の目的は達せられなかったが、3年間のさまざまな活動を経た視点で改めて「右派」という特殊空間を観察する機会となり、高山のネット右翼論のレベルは飛躍的に高まった。
6月 ミニコミ雑誌を出版する。
  秋葉原で「通り魔殺傷事件」。同志2名と共に「それでも起ち上がらない日本人」を非難する「不謹慎」な書き込みを電子匿名掲示板で実行。この行動を機に、オタククラブ残党およびネット右翼の一派が急激に先鋭化し、高山はそのイデオローグとしてめざましい活躍。
7月 オタクバッシングを「粉砕」。多くの者が暗黙の前提としているあらゆるテーゼを疑い、一一般人の立場で盛んに論争を挑むのだが、それだけで主催者側の意図する予定調和の集会は完全に破綻、野次と怒号が渦巻く大混乱に。一派の同志たちとともに同様の行動を全国各地のあらゆる「反PC主義」市民運動、とくに当時盛り上がり始めていた非寛容主義運動の集会等で展開し、その大半をやはり「粉砕」、「運動の破壊者」として憎悪され、恐れられる。
10月 童貞を失う。
11月 ふざけるな!資本主義運動を展開。

12月 年越しネットサーフィン敢行。

2009年

1月 年越しネットサーフィン敢行。ネット右翼の全国大会に参加。
4月 初代No.2が自主退会。全国大会以降そもそもあまり活動しておらず。

8月 ネット右翼サークルが自分ひとりになる。度重なる集会「粉砕」闘争などで孤立無援となって。この頃、右派系知識人や左派系知識人の著作を読み遅まきながらいわゆる「現代思想」に目覚め、保守主義を放棄。

 この年半ば頃から、それまで関心はありながら活動に忙殺されて手を出せずにいた文化方面の「勉強」を始める。
9月 『主体思想』執筆開始。中学高校時代からDPクラブ解散までの、高山の半自伝。翌月完成するも、出版元がなかなか見つからず断念。
11月 ネット配信開始。大学時代までの自伝をテキスト・音声にするも、数回で破綻。

2010年

1月 HP管理のボランティアに参加。ページは市民団体のもの。回を重ねるごとに嫌われる。
4月 原付免許取得。機動力を飛躍的に高めたものの、有効な使い道ナシ。
6月 個人誌『キムチ』精通。<反左翼、反民主党、反モンスター、反ヤンキー、反ギャルサー……>を掲げる「糞溜め」の産物。
7月 初めてコスプレをする。
8月 50ccの古原付を譲り受ける。非常時の交通手段として。

2011年

3月 東日本大震災・物見遊山ツアー。ヒッチハイクで「廃墟の街」を見物に行く。ヒューマニズムへの反感が行き過ぎてすっかりグレてしまっていたのだと現在では半ば反省。後にヤンキーも遊びメインの見物をしていたことを知り、複雑な心境に。
4月 東京で「左翼」と出会う。90年代後半の若い運動シーンを席巻した文化左翼ムーブメント。恥ずかしい直球スローガンを確信犯的に連発するダサカッコいいノリに強い影響を受け、新しい展望を得た気がする。
8月 フジテレビでネトウヨのデモに便乗。
10月 雑誌に投書を出す。
12月 TPP問題を知り、ウヨ離れが進む。

2012年

11月 転向。差し入れられた某書を読んで啓示を受け、「○○○○○」となる。「ファシスト」であることは内緒。
12月 某左翼組織に入る。

2014年

11月 左翼を脱退。

広告を非表示にする

それは本当に「正しい」ものなのか?

2012年以降になってやたらニュースとして取り上げられていることがある。それが「バイク通学が公共交通利用者のクレームによって渋々解禁に追い込まれている」というニュースだ。
これに対してネットでは「交通事故を助長させるな」「一日のほんのわずかの時間がそんなに不快か?」「一部のクレーマーに屈するのはおかしい」という意見がほとんど…いやすべてである。

さてここで私が述べたいのはバイク通学の是非ではない(私はバイク通学解禁反対派だ)。何年間も守られている通学禁止令を、たった数人のクレーマーによって破壊されることを良しとはしない。
オリンピックの開催阻止のこともあり、こうしたクレーマーが表に出やすい環境にあるのは確かだろう。だが本当にニュースなどが報じるように「オートバイ通学を解禁する学校が続出」というほどの状況になっているのか?

そこでオートバイ通学を解禁している地域を調べてみたが、ネット上に掲載されているニュース元がすべて「群馬県」と「茨城県」なのだ。クレームによって解禁した地域はネットで調べる限りこの2つしか見当たらない。
この風潮に憤慨しているサイトはいくつもヒットする。だがその根拠となっているのは上にあげた2つの県のことばかりである。

他にもバイク通学を許可した学校は多い。だがその理由はクレームが来たからではなく、公共交通の弱体化などの場合がほとんどだ。

あとは自撮り棒使用の禁止も続出しているという。
これもネットでたどると、最初の報道は鉄道会社でのそれに集約する。ここでまずAが言及し、BやCが同意したことで大きく世間に広まったようだ。そしてこのネットの情報源は鉄道関連サイトのようだ。

さらに「鉄道施設内での撮影・鉄道オタク利用禁止」という話題も出ている。これもまるで全国に広がっているように拡散しているが、実際に確認できたのはJR東日本千葉支社だけである。それもクレームが来ていたわけではなく、乗務員のプライバシーに配慮するためというそれだけの話だ。

ほんの数件のクレームに屈して伝統をやめたことは事実である。だが、その実例となる報告がほんの数件の事例ばかりであることを知っておいた方がいい。
そもそも地方でのバイク通学許可は最近始まったことではない。もう5年以上も前に遡ることなのだ。最近のクレーマーの話ではないことを心に止めておきたい。